最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

石楠花(しゃくなげ)の花言葉。ピンクの色の意味や西洋での花言葉も

更新日:

石楠花は大きな花弁に鮮やかな色が印象的な花です。

初夏に咲き、華やかで豪華なイメージから、「花木の女王」と呼ばれていますが、その花言葉をご存知でしょうか?

石楠花は品種が多い分、花言葉もいくつか存在します。

 

スポンサードリンク

石楠花の花言葉

石楠花全般の花言葉は「警戒」「危険」「威厳」「荘厳」です。

石楠花の葉には毒があることや、石楠花の花が高山植物で採りに行くことがとても危ないことから「警戒」「危険」の由来となっています。

また、石楠花の花が高い山などにに咲いている様子から「威厳」「荘厳」という花言葉になっています。

 

色別の花言葉

石楠花は赤や白の花が一般的ですが、現在では品種改良が進み、黄色やピンクなどの花をつけるものもあります。

明るいものだけではなく、暗い色や淡い色もあります。

そんな石楠花は色によって多少、花言葉が異なります。

 

ピンク色の石楠花

「威厳」「荘厳」

石楠花全般の花言葉と同じく威厳、荘厳が花言葉で、石楠花の花が高い山に咲いている様子に由来しています。

 

他にも赤や黄色、紫といった色の石楠花がありますが、それらには特に決まった花言葉は付けられていないようです。

 

西洋での花言葉

西洋でも危険や用心するという日本の花言葉と似たような意味の「danger(危険)」や「beware(注意する、用心する)」、「caution(用心)」がつけられています。

シャクナゲの毒には要注意なのでしょう。

 

実は怖い花言葉

石楠花には前述しました通り、いくつかの花言葉がありますが、その中でも「危険」という花言葉があります。

これは石楠花の葉の部分に毒があることから、付いた花言葉といわれています。

また英語でもdangerやbewareという花言葉がつけられていることから、昔の方は何人もこのお花に苦しめられてきたことがわかりますね…

 

使ってはいけない花言葉

ありませんでした。

 

スポンサードリンク

石楠花とは

石楠花の特徴

石楠花は常緑広葉樹の低木で、ツツジ科ツツジ属です。

ヒマラヤなどの高山奥地というに自生していましたが、中国からヨーロッパにもたらされたのちに品種改良が盛んに行われました。

そして明治時代にセイヨウシャクナゲが日本に輸入され、現在の福島県や滋賀県の県花となるほど親しまれてきました。

 

石楠花の名前の由来

属名の学名「Rhododendron(ロードデンドロン)」の語源はギリシア語の「赤い花をつける木」で、「rhodon(赤またはバラ)」と「dendron(木)」に由来します。

和名の石楠花は、中国の石南花「しゃくなんげ」が転訛して「しゃくなげ」になったのが有力とされています。

 

石楠花の種類

石楠花の品種はとても多く、野生種で300種類、園芸品種で約5000種類あると言われています。

もともとは高山に自生する石楠花ですが、市民に親しまれ品種改良が盛んに行われた結果と言えます。

5月〜6月にはしゃくなげ祭りなども開催される春の定番の花とされています。

 

石楠花の品種

石楠花は約5000種類ともいわれる数の品種があり、同じ石楠花でも全く違う形や特徴があります。

 

「アズマシャクナゲ(東石楠花)」 

東日本に多く分布し、花の大きさは5cmほどで赤や白色、紅色のものがあります。

 

「ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)」 

北海道から本州、四国などに自生し、花びらの内側に薄い緑色の斑点があるのが特徴です。

 

「ツクシシャクナゲ」 

本州の紀伊半島・四国・九州に自生する日本固有の品種です。

樹高が4mほどに育ち、花の色は淡いピンクや白色、紫色のものがあります。

 

「ホンシャクナゲ」 

樹高が1.5~7mまで生長する日本固有の品種で、花が小さく葉っぱが大きいのが特徴です。

紅紫色や淡紅紫色、白色などの花びらを7枚ほど咲かせます。

 

「ホソバシャクナゲ」 

山地の日当たりがよい岩場に自生し、静岡県・愛知県の辺りに分布しています。

背丈1~2mほどになります。

薄いピンク色の花びらを5~10個ほど咲かせます。

 

「ヤクシマシャクナゲ」

日本固有の品種で、鹿児島県屋久島の高地にだけ自生しています。

背丈は約50~150cmほどです

赤色やピンク、白色の花で、フリルのように波を打った咲き方をします。

 

色や大きさによって、違う花のように特徴がありますが、どの種類も女性らしく、とても綺麗です。

春の時期になったら、山登りをしながらシャクナゲを鑑賞するなどして楽しんでみてはいかがでしょうか?

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

石楠花は大きな花弁に鮮やかな色が印象的な花です。

初夏に咲き、華やかで豪華なイメージから、「花木の女王」と呼ばれていますが、その花言葉をご存知でしょうか?

石楠花は品種が多い分、花言葉もいくつか存在します。

 

石楠花の花言葉

石楠花全般の花言葉は「警戒」「危険」「威厳」「荘厳」です。

石楠花の葉には毒があることや、石楠花の花が高山植物で採りに行くことがとても危ないことから「警戒」「危険」の由来となっています。

また、石楠花の花が高い山などにに咲いている様子から「威厳」「荘厳」という花言葉になっています。

 

色別の花言葉

石楠花は赤や白の花が一般的ですが、現在では品種改良が進み、黄色やピンクなどの花をつけるものもあります。

明るいものだけではなく、暗い色や淡い色もあります。

そんな石楠花は色によって多少、花言葉が異なります。

 

ピンク色の石楠花

「威厳」「荘厳」

石楠花全般の花言葉と同じく威厳、荘厳が花言葉で、石楠花の花が高い山に咲いている様子に由来しています。

 

他にも赤や黄色、紫といった色の石楠花がありますが、それらには特に決まった花言葉は付けられていないようです。

 

西洋での花言葉

西洋でも危険や用心するという日本の花言葉と似たような意味の「danger(危険)」や「beware(注意する、用心する)」、「caution(用心)」がつけられています。

シャクナゲの毒には要注意なのでしょう。

 

実は怖い花言葉

石楠花には前述しました通り、いくつかの花言葉がありますが、その中でも「危険」という花言葉があります。

これは石楠花の葉の部分に毒があることから、付いた花言葉といわれています。

また英語でもdangerやbewareという花言葉がつけられていることから、昔の方は何人もこのお花に苦しめられてきたことがわかりますね…

 

使ってはいけない花言葉

ありませんでした。

 

石楠花とは

石楠花の特徴

石楠花は常緑広葉樹の低木で、ツツジ科ツツジ属です。

ヒマラヤなどの高山奥地というに自生していましたが、中国からヨーロッパにもたらされたのちに品種改良が盛んに行われました。

そして明治時代にセイヨウシャクナゲが日本に輸入され、現在の福島県や滋賀県の県花となるほど親しまれてきました。

 

石楠花の名前の由来

属名の学名「Rhododendron(ロードデンドロン)」の語源はギリシア語の「赤い花をつける木」で、「rhodon(赤またはバラ)」と「dendron(木)」に由来します。

和名の石楠花は、中国の石南花「しゃくなんげ」が転訛して「しゃくなげ」になったのが有力とされています。

 

石楠花の種類

石楠花の品種はとても多く、野生種で300種類、園芸品種で約5000種類あると言われています。

もともとは高山に自生する石楠花ですが、市民に親しまれ品種改良が盛んに行われた結果と言えます。

5月〜6月にはしゃくなげ祭りなども開催される春の定番の花とされています。

 

石楠花の品種

石楠花は約5000種類ともいわれる数の品種があり、同じ石楠花でも全く違う形や特徴があります。

 

「アズマシャクナゲ(東石楠花)」 

東日本に多く分布し、花の大きさは5cmほどで赤や白色、紅色のものがあります。

 

「ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)」 

北海道から本州、四国などに自生し、花びらの内側に薄い緑色の斑点があるのが特徴です。

 

「ツクシシャクナゲ」 

本州の紀伊半島・四国・九州に自生する日本固有の品種です。

樹高が4mほどに育ち、花の色は淡いピンクや白色、紫色のものがあります。

 

「ホンシャクナゲ」 

樹高が1.5~7mまで生長する日本固有の品種で、花が小さく葉っぱが大きいのが特徴です。

紅紫色や淡紅紫色、白色などの花びらを7枚ほど咲かせます。

 

「ホソバシャクナゲ」 

山地の日当たりがよい岩場に自生し、静岡県・愛知県の辺りに分布しています。

背丈1~2mほどになります。

薄いピンク色の花びらを5~10個ほど咲かせます。

 

「ヤクシマシャクナゲ」

日本固有の品種で、鹿児島県屋久島の高地にだけ自生しています。

背丈は約50~150cmほどです

赤色やピンク、白色の花で、フリルのように波を打った咲き方をします。

 

色や大きさによって、違う花のように特徴がありますが、どの種類も女性らしく、とても綺麗です。

春の時期になったら、山登りをしながらシャクナゲを鑑賞するなどして楽しんでみてはいかがでしょうか?

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.