最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

芍薬の花言葉。赤、白、ピンク、紫と色で変わる花言葉も

更新日:

芍薬はきな花弁に鮮やかな色が印象的な花です。

豪華で女性らしいイメージから、贈り物として花束に入れられることも多いですが、その花言葉をご存知でしょうか?

芍薬は品種が多い分、花言葉もいくつか存在します。

 

スポンサードリンク

芍薬(シャクヤク)の花言葉

芍薬全般の花言葉は「恥じらい」「はにかみ」「謙遜」です。

イギリスの伝承で、はにかみ屋の妖精が恥ずかしがって芍薬の花びらに隠れたときに、花びらも同じように赤くなったというものがあり、それが「はにかみ」「謙虚」に由来しているそうです。

また、芍薬の花びらが夜に閉じる性質から、女性が恥ずかしがっている様子になぞらえて「恥じらい」となったそうです。

 

色別の花言葉

芍薬はピンク色のものが多いのですが、実はとてもカラフルな花です。

明るいものだけではなく、暗い色や淡い色もあります。

そんな芍薬は、色によって花言葉が異なります。

 

赤色の芍薬

「威厳」「荘厳」「はにかみ」

芍薬の情熱的な赤色は女性の強さを感じさせます。

 

白色の芍薬

「恥じらい」「はにかみ」「満ち足りた心」

ウエディングブーケにも使われることがあり、清楚で潔白なイメージです。

 

ピンク色の芍薬

「恥じらい」「はにかみ」

女性のかわいらしさを表現しています。

 

紫色の芍薬

「怒り」「憤怒」

芍薬の中で、唯一ネガティブな花言葉があり、プレゼントに向かない色です。

 

他にも黄色やオレンジ、青といった色の芍薬がありますが、それらには特に決まった花言葉は付けられていないようです。

 

実は怖い花言葉

前述しましたが、紫色の芍薬の花言葉には、「怒り」「憤怒」という意味があります。

花言葉を贈る際は、紫色の芍薬には気を付けましょう。

 

使ってはいけない花言葉

ありませんでした。

 

スポンサードリンク

芍薬とは

芍薬の特徴

芍薬はボタン科の植物で多年草で、原産地はアジア大陸北東部になります。

ピンクや赤、黄、白、青、紫など色彩豊かな花です。

開花時期は5〜6月で、夕方になると花びらを閉じます。

 

芍薬の名前の由来

中国から伝わった時の漢字である「芍薬」をそのまま音読みにしたとされています。

日本では恵比寿草(えびすぐさ)や恵比寿薬(えびすくすり)と呼ぶこともあります。

 

芍薬の種類

和芍薬と洋芍薬の大きく二種類に分けられます。

和芍薬の花は茎1本に1輪の花を咲かせ、「一重咲き」や「翁咲き」があり、ジャパニーズタイプといわれます。

洋芍薬の花は1本の茎から枝分かれして複数の花を咲かせ、「手まり咲き」や「バラ咲き」があります。

種類が多く、茶華として100種類を超えています。

 

芍薬の品種

芍薬は世界中にたくさんの品種があり、その形や名前もそれぞれ個性的で、同じ芍薬でも全く違う美しさがあります。

 

「レッドレッドローズ」 

バラのような鮮赤色の半八重咲きで、多数の花弁が重なる品種です。

早咲きで、切り花用にも花壇用にも向きます。

 

「ソルベット」 

ピンクの花弁の間に白と黄色の折重なる三段咲きです。

 

「イエロークラウン」 

芍薬の中では数少ない黄花の品種で、ボリュームがあります。

 

「ピーチアンドクリーム」 

薄いピンクの花弁に赤のグラデーションが映える品種です。

 

「ホワイトキャップ」 

翁咲きで色のコントラストが美しい品種です。

 

「クリスタルビューティー」

白い大輪八重咲きの香り高い品種で、初夏にさわやかな香りをもたらします。

 

「滝の粧(たきのよそおい)」

白に薄いピンクの混じる微香の八重咲き品種です。

 

「アネモネフローラ」

極早生咲きでミニサイズの可愛らしい花です。

 

「キャロル」

丸みを帯びた花びらが寄り添って咲く、ボール状の冠咲きです。

 

「楊貴妃(2年生苗)」

芍薬の黄花の代表種で、古くから中国原産種です。

 

色や大きさによって、違う花のように特徴がありますが、どの種類も優雅で女性らしく、とても綺麗です。

日本では「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と女性の美しさを形容する美しい花です。

ぜひみなさんも育てたり誰かへ贈ってみたりしてみませんか?

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.