最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

チューリップの花言葉。色や本数で変わる意味や、使ってはいけない花言葉も

更新日:

チューリップといえば、大きな花弁に色鮮やかな色が印象的な花です。

その可愛らしいイメージから、贈り物として花束に入れられることも多いですが、その花言葉をご存知でしょうか?

チューリップは品種が多い分、花言葉もいくつか存在します。

 

スポンサードリンク

チューリップの花言葉

チューリップ全般の花言葉は「思いやり」「博愛」です。

チューリップに託された花言葉には、とある言い伝えが関係しています。

 

その昔、オランダの村にとても美しい少女が暮らしていました。

ある日、3人の騎士がその美しい少女に恋をしてしまいます。

3人の騎士は少女の心を射止めようと、それぞれが家宝として大切にしてきた王冠と剣と黄金を贈り、プロポーズをしました。

しかし、少女は3人の中から一人だけを選ぶということができませんでした。

そこで、悩んだ少女は花の女神であるフローラに「自分を花の姿に変えてほしい」というお願いをします。

少女の願いを聞き入れたフローラは、少女をチューリップの花に変えてしまいました。

3人の騎士がくれた王冠はチューリップの花を、剣は葉を、そして黄金は球根を表していると言われています。

 

色別の花言葉

チューリップは赤色のものが多いのですが、実はとてもカラフルな花です。明るいものだけではなく、暗い色や淡い色もあります。

そんなチューリップは、色によって花言葉が異なります。

 

紫色のチューリップ

「不滅の愛」

もともと紫色は、「神秘」や「永遠」「神聖」といったイメージがあります。

紫のチューリップの花言葉の由来は、紫色が「不滅の愛」という花言葉へ発展したのでしょう。

 

赤色のチューリップ

「真実の愛」「愛の告白」

赤は、愛情や情熱を感じさせる色ですよね。

そんな赤いチューリップに、ふさわしい花言葉だと言えるでしょう。

 

白色のチューリップ

「新しい愛」

白は「無垢」「刷新」「新しさ」を表す色です。

新しい愛が始まる真っさらな心を表現することができそうです。

 

黄色のチューリップ

「正直」

黄色は、光や太陽を彷彿とさせる明るい色です。

朗らかで表裏のないイメージが、「正直」という花言葉に繋がっているのでしょう。

 

オレンジ色のチューリップ

「照れ屋」

なんともかわいらしい花言葉ですね。

花言葉の由来は定かではありませんが、オレンジ色のチューリップが恥ずかしがって頬を染めているような様子を連想させるからかもしれません。

 

緑色のチューリップ

「美しい目」

個性的な花言葉ですね。

あまり目にする色ではありませんがとても清楚な色ですね。

自然を感じさせてくれる緑色には、心身共にリラックスさせる力が備わっています。

 

ピンク色のチューリップ

「誠実な」「愛愛の芽生え」

ピンクは、「愛情」「優しさ」「恋」「若々しさ」をイメージさせる色です。

付き合い始めの恋人へのプレゼントにいかがでしょうか。

 

他にも褐色や黒、クリーム色などといった色のチューリップがありますが、それらには特に決まった花言葉は付けられていないようです。

 

本数で変わる花言葉

色ごとに異なる花言葉を持つチューリップですが、「本数」によっても花言葉が変わります。

代表的なものをご紹介します。

 

1本:あなたが私の運命の人です

3本:あなたを愛しています

4本:あなたを一生愛し続けます

8本:あなたの思いやりに感謝します

9本:いつまでも一緒にいよう

12本:恋人(妻)になってください

40本:あなたに永遠の愛を誓います

50本:永遠

99本:永遠の愛

108本:私と結婚してください

 

チューリップには、意外にも情熱的な花言葉がついており、プロポーズや愛の告白にもってこいかもしれません。

 

実は怖い花言葉

ありませんでした。

 

使ってはいけない花言葉

黄色いチューリップにはネガティブな「望みのない恋」・「高慢」という花言葉もあります。

黄色いチューリップを贈る場合は、「正直」の花言葉について説明したメッセージカードを贈るといいかもしれません。

 

また、白いチューリップにもネガティブな「失われた愛」や「失恋」という花言葉があります。

そのため、花言葉に詳しい相手には贈るのは避けた方が良いでしょう。

 

その他にも、チューリップの本数にも気を付けてなくてはならず、15本には、「ごめんなさい」という花言葉がつけられていたり、16本には「不安な愛」、17本には「絶望の愛」という花言葉がかくれています。

花言葉を気にされない方であったり、誕生日であれば問題ありませんが、渡す際には念の為注意しておきましょう。

 

スポンサードリンク

チューリップとは

 

チューリップの特徴

チューリップはユリ科の球根植物で、開花時期は3~5月です。

球根は玉ねぎのような形で、直径3cmほどのものが多いです。

この球根を地面に植えて晩秋に育てます。

原産地はトルコです。

 

チューリップの名前の由来

「チューリップ」の語源は「チュルバン(tülbend)」で、ターバンのの意味があります。

トルコ駐在のオーストリア大使が何の花かと尋ねたところ、「花のかたちがターバンに似ている」と通訳の方が誤って答えたそうです。

そこでは「チュルバン」と伝わり、後々「チューリップ」になったとされています。

 

チューリップの種類

チューリップには、5000種類以上もの品種が存在しており、背丈が15cm~60cmのものが主に出回っています。

花びらの色も淡色で赤、ピンク、紫、白、黄色・・・と様々で、複色のものもあります。

パーロット咲きやユリ咲き、八重咲き、フリンジ咲きなど咲き方もいろいろで、葉に斑の入ったチューリップもあります。

 

チューリップの品種

チューリップは世界中に5000種類ともいわれる数の品種があり、その形や名前もそれぞれ個性的で、同じチューリップでも全く違う美しさがあります。

 

「イルデフランス」 

赤い花が美しいチューリップです。

シンプルな一重咲きの花姿が特徴のチューリップの定番品種です。

 

「クリスマスドリーム」 

一重咲きピンク色のチューリップです。

どんなシーンでも活躍してくれる、大変人気のある品種です。

 

「チャーミングビューティー」 

アプリコットカラーのお花が特徴の品種です。

人気の八重咲きチューリップです。

 

色や大きさによって、違う花のように特徴がありますが、どの種類も愛嬌があり、とても綺麗です。

扱いやすく、人気のチューリップを、ぜひみなさんも育てたり誰かへ贈ってみたりしてみませんか?

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.