最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

ドクダミの花言葉。「白い追憶」の意味や、自己犠牲という怖い花言葉も

更新日:

白く小さな花を咲かせるドクダミは、近年雑草と思っている人も多いでしょう。

ドクダミは古くから人々の健康を支えてきた花です。

そんなドクダミには、たくさんの名前がつけられていました。

 

ドクダミとは

ドクダミは、東アジア、東南アジアに自生する花です。

日本や中国では、薬草として知られているドクダミですが、東南アジアの地域では、野菜の1つとして食べられています。

暑さには強い花で、湿度の高い場所でも群れをなして育ちますが、寒さには弱いので、育てる際には注意が必要です。

 

花は4枚の白い花びらを想像する人が多いでしょう。

実は白い花びらのように見えるものは、苞とよばれ、つぼみを守るために包んでいるもので元々は葉っぱです。

花は中心部分にいくつも集まって咲きます。

 

葉っぱは、トランプのスペードのような形をしており、紫色に縁どられることがあります。

葉っぱや茎は独特な香りがあり、苦手な人も多いです。

乾燥させて薬やお茶などとして利用されます。

ドクダミ茶は栄養が多く、子供から大人まで飲むことができます。

 

ドクダミの名前の由来

ドクダミの名前は、効能に関係しています。

ドクダミは古くから生薬や漢方薬などとして、利用される植物です。

その効果は、胃腸炎、下痢、便秘、吹き出物、皮膚炎などに効果があります。

解毒と鎮痛効果から、「毒痛み(ドクイタミ)」と言われていました。

ドクイタミが変化してドクダミと呼ばれるようになったそうです。

他にも、毒の症状を抑えることを「毒を矯める」と言っていたことから、「毒矯め(ドクダメ)」と言われるようになったことが由来という説もあります。

 

ドクダミには別名が多く存在します。

日本だけでも150以上の名前がつけられており、地方によって呼び方が変わるそうです。

特によく知られているのは、「十薬(ジュウヤク)」や「毒矯め(ドクダメ)」などです。

ジュウヤクは、効能の多さからつけられました。

 

また、西洋名もたくさんあります。

ドクダミの匂いが、魚の臭みに似ていることから「fish herb(フィッシュハーブ)」や「fishwort(フィッシュウワート)」などとつけられています。

他にも葉っぱの形から「heartleaf(ハートリーフ)」という名前もあります。

 

ドクダミが誕生花となる日にち

5月15日

 

ドクダミの花言葉

「白い追憶」「野生」などがドクダミの花言葉です。

追憶とは過ぎ去ったことに思いをはせることで、「白い追憶」という花言葉は、白い見た目と強い香りが、印象的で記憶に残ることからつけられました。

 

ドクダミの花は、生命力が強く、どんどん株を増やします。

草をとっても、地中に根が残っていれば、繁殖することも可能です。

これが「野生」という花言葉の由来です。

 

ドクダミの色別の花言葉

ドクダミの花色は白のみです。

そのため色別の花言葉はありません。 

 

ドクダミの怖い花言葉

ドクダミには「自己犠牲」という花言葉があります。

「自己犠牲」という言葉だけ聞くと、あまり良い印象は受けません。

この花言葉がつけられた理由は、ドクダミが薬として利用されることにあります。

効能が多く、人々の病を自分が犠牲になり治すことからつけられたそうです。

 

薬として重宝されたドクダミ

今では、雑草や匂いの強い葉っぱというイメージあるドクダミです。

昔は薬として重宝されており、三大民間薬として親しまれていました。

ドクダミが内服的に効果を示す症状は、胃炎、下痢、便秘、利尿、高血圧、動脈硬化、鎮静などです。
吹き出物や皮膚炎など外的にも効果があります。

 

中国では漢方薬として利用される他、解毒にも使われます。

薬以外には、どくだみ茶としてたしなまれることが一般的です。

複数の茶葉と一緒にブレンドして飲用すると、独特な香りが抑えられ、美味しく飲むことができます。

 

日本では、940年ごろには野菜として食されていた記録が残っています。

薬以外にも野菜として親しまれていたことがわかりますね。

現在日本では、兵庫県と徳島県を中心に、食用や医薬品用として栽培されています。

商業用の栽培だけでなく、観賞用のドクダミも栽培されています。

カメレオンとよばれる品種は、葉っぱがまだら色になり人気があります。

 

ドクダミは雑草のイメージや、独特な香りの印象が強いかもしれません。

緑の葉っぱが茂る中に白い花を咲かせ、葉っぱと花のコントラストがとても美しいです。

健康にも効果が期待できるので、どくだみ茶として生活に取り入れたいですね。

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.