最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

モンステラの花言葉。名前の由来や誕生花は?ハワイでは神聖な植物

更新日:

南国のジャングルに生息する植物のモンステラ。

特徴のある葉っぱが魅力的で、観葉植物として人気です。

自生地の1つであるハワイでは、神聖な植物としてあがめられてきました。 

 

モンステラとは

熱帯アメリカが原産で、多年草の植物です。

暑さに強く、日本の家庭でも良く育てられる観葉植物の1つ。

家庭で栽培されるものは、茎が真っすぐ伸びる場合が多いですが、野生のモンステラは、他の樹木につるを絡めます。

観葉植物の中でも、特徴的なのが葉っぱ。

穴が開いているも、深く切り込まれているなど、普通の葉っぱとは大きく違います。

樹高は低いもので10㎝、高いものは2m程度です。

 

ある程度大きくなると、花をつけます。

花は中央に細長い花穂があり、その周りに葉っぱのような形の苞があります。

花穂の色はクリーム色、苞は白色です。

花が見られるのは、5月から7月で、秋になると花穂は果実となります。

モンステラの果実は、南国系フルーツのような味で、パイナップルやバナナにたとえられます。

シュウ酸カルシウムを含むため、完熟する前のものは食べられません。

 

モンステラの名前の由来

日本でも「Monstera(モンステラ)」という名前で知られています。

学名であり、ラテン語が語源です。

他の植物と違い、葉っぱに穴や切れ込みが入り特徴的で、また日差しが遮られるジャングルの中に生息しています。

この様子が奇妙であることから、怪物や奇怪といった意味のある「monstrum(モンストルム)」から名づけたそうです。

西洋名も学名や和名と同じ、「Monstera(モンステラ)」です。

 

モンステラが誕生花となる日にち

9月30日、12月15日、12月22日

 

モンステラの花言葉

「深い関係」「献身」「壮大な計画」「うれしい便り」が花言葉です。

西洋では「close connection(深い関係)」、「dedication(献身)」、「magnificent plan(壮大な計画)」、「happy letter(うれしい便り)」とつけられています。

他の植物の茎に、つるを巻きつかせながら成長しする植物です。

他の植物と共存することから、「深い関係」とつけられたのでしょう。

また、葉っぱに穴や切り込みがあることで、太陽が下にまで届くことから、「壮大な計画」や「うれしい便り」とつけられました。

 

モンステラの色別の花言葉

葉っぱがメインの植物ですが、ある程度成長すると花が咲きます。

花色はクリーム色だけのため、色別の花言葉はありません。

 

モンステラの怖い花言葉

穴あきの葉っぱや、深い切れ込みから、怖い印象を持つかもしれません。

しかし、穴が開いていることで、光が差し込み、良いイメージの花言葉ばかりです。

 

モンステラの言い伝え 

特徴的な葉っぱを持つモンステラは、ハワイでは神聖な植物であるとされています。

ハワイは原産地の一つです。

ジャングルなど他の植物が生い茂る中に生息するモンステラは、葉っぱの穴から太陽が入り下の方まで光を届けます。

その様子から「希望の光を導く植物」と言われており、神聖なものとされます。

更に魔除けの効果もあると考えられているそうです。

また、神聖なもの以外の意味も持ち合わせています。

怪物や奇怪の意味を持つラテン語が語源です。

少し怖い印象を持つ意味からつけられた名前ですが、ハワイでは違った意味でとらえられています。

モンステラの名前には「湧き出る水」という意味があるそうです。

穴が開いている葉っぱは、太陽の光だけでなく水をも通します。

そんな花は金運が上がる植物であると言われるそうです。

 

ハワイで大切にされるモンステラは、シュウ酸カルシウムという成分を持っています。

シュウ酸カルシウムは日本で劇物に指定されており、生のサトイモなどに含まれる成分です。

敏感肌の人が触れると肌荒れを起こすことがあります。

モンステラを自宅で成育する人は、樹液を触らないようにしましょう。

 

小さな鉢でも育てやすいモンステラ。

葉っぱに太陽があたりできる影は、とても幻想的です。

室内で育てれば、心の癒しになるでしょう。

金運も高まると言われる植物なのもうれしいですね。

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.