最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

花言葉・誕生花

アメジストセージの花言葉。名前の由来や誕生花は。料理のスパイスにも

投稿日:

メキシコが原産のサルビアの一種であるアメジストセージ。

深い紫色のガクがいくつもあつまり、花穂のような形をつくります。

隙間からピンクや白の小さな可愛らしい花が咲き、ガクの紫色がより花を引き立てます。

 

アメジストセージとは

中央アメリカが原産のアメジストセージは、多年草の花です。

シソ科アキギリ属の花で、サルビアの一種ですが、薬用の効果はありません。

花穂のように見える部分の多くはガクで、ガクの隙間から小さな花が咲きます。

花色は白が多いですが、ピンクや紫もあります。

ガクの色は紫や青です。

ガクは小さな毛でおおわれており、ベルベットのような柔らかさがあります。

深い紫色が隙間から咲く小さな花をより引き立てるそうです。

開花期は9月から11月で、サルビアと同じ時期に開花します。

短日植物であるため、日の短さを感じると花が咲きます。

草丈は大きいもので150㎝にまで成長し、密集して咲くことが多いです。

 

アメジストセージの名前の由来

サルビアの一種であることから、学名は「Salvia leucantha(サルビア レウカンサ)」です。

アメジストセージはガクの紫色の部分に注目されがちですが、小さな可愛らしい白い花が咲きます。

「leucantha」には、「白い花をした」という意味があることから、「Salvia leucantha」とつけられたそうです。

 

日本でも呼ばれる「Amethyst sage(アメジストセージ)」という名前は西洋名です。

「Amethyst」は、紫色の天然石で知られるアメジストに由来します。

花を象徴する紫色のガクが、アメジストの色に似ていることでつけられたそうです。

また、「sage」という名前は、同じアキギリ属のハーブに利用されるセージからつけられています。

「salvus」というラテン語が語源で、健康の意味です。

サルビアには、薬用に用いられる品種が多いことからつけられました。

 

「Mexican bush sage(メキシカンブッシュセージ)」という別名もあります。

メキシコに生息するセージのような植物であることが由来です。

「bush」には茂みという意味があり、アメジストセージが一か所にたくさんの花をしげらせることに由来します。

 

アメジストセージが誕生花となる日にち

10月29日、11月13日

 

アメジストセージの花言葉

アメジストセージには、「家族愛」「家庭的」「炎のような情熱」などの花言葉がつけられています。

花穂のように見える紫色のガクは、小さな花が集まっているように見えます。

そして、たくさんの花が集まって咲く姿が、家族が相手を思いやり寄り添って生活しているようにみえることから、「家族愛」や「家庭的」とつけられたそうです。

 

アメジストセージの色別の花言葉

紫色のガクが印象的ですが、白色やピンク色の花が咲きます。

花色が複数ありますが、色別の花言葉つけられていないようです。

 

アメジストセージの怖い花言葉

たくさんの花が寄り添って咲くことから、家族愛を連想させるアメジストセージ。

好印象の花言葉ばかりで、怖い花言葉はつけられていないようです。

 

スパイスとしてのアメジストセージ

天然石であるアメジストから名づけられているアメジストセージ。

深い紫色のガクが重厚感を感じさせ、その隙間から真っ白な小さな花が咲く姿はとても綺麗です。 

サルビアの一種であるアメジストセージですが、薬としての効果はありません。

しかし、ミントのような香りがあることから、精油や料理のスパイスとして利用されます。

南欧では、アメジストセージの蜜を集めたはちみつが、香りがよく最高級の品とされるほどです。

また、香りが良いだけでなく、観賞用の品種としての評価も非常に高く、イギリスの王立園芸協会が植物に与える名誉ある賞、ガーデン・メリット賞を受賞しています。

 

たくさんの花が集まって咲くアメジストセージ。

深い紫色が重厚感があり、紫色の絨毯のように見えます。

隙間から咲くちいさな花は、ガクとのコントラストが素敵です。

家族愛という良いイメージの花言葉もつけられているので、プレゼントにもオススメですね。

→ 花言葉 誕生花月別一覧

→ 花言葉 五十音順一覧まとめ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-花言葉・誕生花

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.