最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

10月の話題・行事・イベント 365日今日は何の日

10月13日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

更新日:

SPONSORED LINK

みなさんはご自身の誕生日についてどのくらいご存知ですか?

今も昔も自分の誕生日について興味を持っている方は多く、昔は特に誕生日について記された占いの本などが売れていました。

現在はネットで簡単に調べることができることから売れ行きは大きく下がっていると言われていますが、それでもネットでの検索数は多いです。

10月13日について調べる方も多いので、10月13日についてご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

10月13日は何の日?記念日や出来事

まず最初は10月13日に過去にあった出来事についてご紹介していきますので、ぜひご参考いただけたらと思います。

 

10月13日の出来事

1773年 フランスの天文学者「シャルル・メシエ」が子持ち銀河を発見する

1804年 江戸時代の外科医・華岡青洲(1760~1835)が、世界で初めて全身麻酔による乳がん摘出手術に成功

1868年 明治天皇が京都御所から江戸城(現在の皇居)に入城

1962年 岡山空港だった現在の岡南飛行場が開港する

1968年 日本ではじめての都市ケーブルテレビ会社「日本ケーブルビジョン放送網」が放送を開始する

1994年 日本を代表する小説家「大江健三郎」にノーベル文学賞の受賞が決定する

2016年 アメリカのミュージシャン「ボブ・ディラン」にノーベル文学賞の受賞が決定する

 

上記のような出来事がありました。

ご紹介したことからもわかるように、10月13日は日本にとって大きな動きがあった日ということが伺えます。

 

次は10月13日の記念日についてご紹介していきますので、ぜひ出来事と合わせて覚えていただけたらと思います。

 

10月13日の記念日

さつまいもの日

引っ越しの日

◯世界血栓症デー

◯豆の日

麻酔の日

 

記念日は上記のようになっています。

10月13日はさつまいもの日となっているのですが、10月はさつまいもの旬の時期となっています。

スーパーなどで販売されるようになり、美味しいさつまいもが多く登場するので、ぜひ皆さんも10月13日にはさつまいもを食べて秋の季節を楽しんでいただけたらと思います。

→今日は何の日?毎日が記念日一覧表はこちら

 

スポンサードリンク

10月13日生まれの有名人。芸能人・偉人・アニメキャラ

次は10月13日生まれの有名人・芸能人・偉人やアニメキャラをご紹介したいと思います。

10月13日生まれの方は次の方が挙げられます。

 

【男性】

◯生瀬勝久(俳優)

◯鳥羽潤(俳優)

◯土本恭平(プロ野球選手)

◯金田明夫(俳優)

◯成瀬義久(プロ野球選手)

◯北野良栄(競輪選手)

◯新村純平(サッカー選手)

◯石川界人(声優)

 

【女性】

◯松嶋菜々子(女優)

◯MISONO(歌手)

◯益若つばさ(ファッションモデル)

◯吉本多香美(女優)

◯佐野ひなこ(ファッションモデル)

◯樋口久子(プロゴルファー)

◯深沢紗希(Luce_Twinkle_Wink☆)

 

【アニメキャラ】

◯ヴィンセント・ヴァレンタイン(ファイナルファンタジー7)

◯鏡形而(GetBackers)

◯木戸浩志(ばからもん)

◯佐々岡智(SLAM DUNK)

◯ソフィロ・カリア・ロス・イゾ(輪廻のラグランジェ)

◯大道寺園美(カードキャプターさくら)

◯取陰切奈(僕のヒーローアカデミア)

 

このような方々が有名です。

ご紹介したことからもわかるように、10月13日生まれの方は様々なジャンルで活躍している方が多いです。

もちろんご紹介した方以外にもたくさんまだまだいらっしゃいますので、興味がある方はぜひ調べていただけたらと思います。

 

 

10月13日の星座

次は10月13日の方の星座についてご紹介します。

ご自身の星座はご存知の方がほとんどだと思いますが、10月13日の方の星座は天秤座です。

ちなみに9月23日から10月23日までの間の方が天秤座になります。

天秤座は周りの人を安心させるような方が多く、人や物事の調和を大切にする方です。

 

そのような天秤座と相性が良いのは双子座と水瓶座です。

双子座は平和主義者でもある天秤座の方と性格が似ており、気が合うので、一緒にいて楽しいと感じやすい関係になりやすいです。

水瓶座の方とは距離感程よい距離感を維持することができ、踏み込みすぎない適度な関係を築けるので仲が良くなりやすいです。

 

一方、天秤座と相性があまり良くないとされているのが蠍座と魚座です。

蠍座の方は情熱的で、プライドが高い方が多いのですが、その姿にてんびん座はついていけないと感じやすいです。

魚座の方は相性が良くないと言っても喧嘩など激しい衝突はすることが少ないです。

価値観が合わず、お互いを避けるような関係になりやすいです。

蠍座も魚座の方も天秤座の方と仲良くなるにはゆっくりと時間をかけてお互いのことを知っていくのが好ましいです。

→星座占い相性ランキング:天秤座(てんびん座)の性格や運勢は?

 

10月13日の誕生花

次は10月13日の誕生花についてご紹介します。

誕生花は詳しい人が少ないのですが、10月13日生まれの方の誕生花は「アカンサス」です。

アカンサスはあまりご存じない方も多いと思いますが、アカンサスはイングリッシュガーデンの定番の植物とされています。

変わった花穂が多くの方に好評で、他の人とは違うおしゃれな花を育てたい方におすすめです。

 

10月13日の花言葉 

10月13日の誕生花をご紹介しましたが、次は「アカンサス」の花言葉をご紹介します。

多くの方に愛されているアカンサスですが、アカンサスの花言葉は「芸術」「技巧」です。

花言葉が美しいと共に、アカンサスはギリシャの国花でもあります。

ぜひ皆さんもチェックしていただけたらと思います。

→ 花言葉:誕生花月別一覧

→ 花言葉:五十音順一覧

 

10月13日の誕生日の人の運勢

次は10月13日生まれの方の運勢についてです。

10月13日生まれの方の運勢は全体的な運がいいのですが、若い頃は金運が低いです。

特に10代から20代にかけて金運が低く、無駄遣いをしてしまうことが多い傾向にあります。

金運と比べて恋愛運や仕事運は高く、20代から30代にかけて特に高まるのでぜひこの時に行動を起こしていただけたらと思います。

30代以降は若いうちの経験が活かされることが多いので、若い内に努力を続けるのがおすすめです。

 

10月13日の誕生日の人の性格

次は10月13日の人の性格です。

10月13日の方はおしゃれな方が多く、芸術面の才能に優れている方が多いです。

さらに、注目されることが好きで、注目されることによって自分をさらに磨こうとするタイプになります。

物事に熱中しやすく、集中力も高いので、この才能を仕事で活かすと高い評価を得やすいです。

 

10月13日の誕生日の人の相性

次は10月13日の誕生日の方と相性がいい人です。

10月13日生まれの方と相性が良いのは11月10日・11月19日生まれの方です。

上記に該当する方は恋愛面や仕事面において相性が良いです。

最高の組み合わせになりやすいので、ぜひご参考いただけたらと思います。

 

10月13日の誕生石

次は10月13日の誕生石です。

誕生石も誕生花同様に詳しい人は少ないのですが、10月13日生まれの方の誕生石は「カイヤナイト」と「トルマリン」です。

トルマリンは電気石とも呼ばれているパワーストーンで、身につけると電気・磁石のように幸運を引き寄せることができると言われています。

カイヤナイトは努力をするほど光り輝くと言われているパワーストーンです。

→ 10月の誕生石についてはこちら

 

10月13日の時候の挨拶

最後は10月13日の時候の挨拶です。

時候の挨拶は仕事で使うことがほとんどだと思います。

10月13日に使う時候の挨拶としては「爽秋(そうしゅう)の候」「紅葉(こうよう)の候」などが使われます。

秋になり、植物の紅葉が美しい様の言葉を使うと、季節にあった時候の挨拶になりやすいです。

 

「まとめ」10月13日の誕生日を知って!

今回は10月13日の誕生日についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

10月13日生まれの方は芸術センスに優れている方が多く、多くの人の注目を集めやすいです。

この才能を活かした仕事に就くと魅力が開花しやすいので、ぜひご参考いただけたらと思います。

10月12日← 10月13日 →10月14日

→他の日は【今日は何の日一覧表】へ

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-10月の話題・行事・イベント, 365日今日は何の日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.