最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

11月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

ペンの日とはいつ?意味や由来、イベントは。ペンは剣よりも強し

更新日:

「11月26日  ペンの日」

■はじめに

今日は「ペン」がテーマになりますが、シャープペンやボールペンなどの筆記具ではなくて、「ペンは剣よりも強し」のほうのペンですね。

 

スポンサードリンク

ペンの日とは

1935(昭和10)年11月26日、「日本ペンクラブ」が創立され、その30周年を機に同クラブがこの日を「ペンの日」と制定しました。

「日本ペンクラブ」は、文筆家を通して国際間の理解と友情を深め、表現の自由を守ろうと1921年に創立された「国際ペンクラブ」の日本センターとして活動しています。

 

■ペンの日の意味と由来

世界102カ国の文学者らで組織される国際ペンクラブ(通称PEN、本部ロンドン)は、世界各地に144の支部センターがあり、日本ペンクラブは東京・日本橋に事務局を開設しています。

「PEN」は当然、筆記具のペンを象徴していますが、本来は、

(P)Poets詩人、Playwrights劇作家

(E)Editors編集者、Essayists随筆家

(N)Novelists小説家

の頭文字に由来しています。

 

日本ペンクラブは、満州事変や国際連盟脱退で世界から孤立する日本の状況を憂いた「PEN」からの要請で、リベラルな文学者や外交官の支援を得て、島崎藤村を初代会長として設立された経緯があり、直後の太平洋戦争時にあっても、日本ペンクラブはPENから独立した組織であるとして、言論弾圧の時代をくぐり抜けています。

戦後の1947(昭和22)年、志賀直哉を会長としてPENの本格的な活動に復帰、

1957(昭和32)年には「東西文学の相互影響」

1984(昭和59)年には「核状況下における文学」

2010(平成22)年には「環境と文学」

をテーマとして、東京で国際ペン大会が開催されています。

 

■ペンの日のイベント

お祭りといったイベントはなくて、かなりアカデミックな講演会やシンポジウムを中心に、年に10数回開催されています。

直近1年間では、「いま、イランの子どもの本は?」「短編小説から読みとる社会」「作家が自作を語る」「憲法と平和」「憲法と表現の自由」「子どもたちの未来のために」などがテーマとして採り上げられています。

 

スポンサードリンク

ペンの日の雑学

▽日本ペンクラブ声明

日本ペンクラブは、国際PEN憲章に基づき、思想・信条の自由、言論・表現の自由などを標榜して活動していますが、古来、権力と自由は水と油の関係なので、当然ながらクラブの声明は、時の為政者からすれば目障りなことでしょう。

しかし、悪意のない限り、自由に批判ができることは、健全な社会である証左でもあるので、新聞から失われた「社会の木鐸」という使命を日本ペンクラブに期待したいと思います。

 

2019年の上半期に出された声明は、俳優やアーティストの逮捕によって相次ぐ放映中止問題に関する「作品に罪はない」、「米国の相次ぐ臨界前核実験に抗議する」「東日本大震災8年目を迎えて~災害を口実に憲法を変えてよいのか」「首相官邸記者会見の質問制限と回答拒否問題について」などとなっています。

 

▽海賊版サイト問題

作者に無断で、論文やマンガ、文芸作品などをネット上に掲載する「海賊版サイト」が大きな問題になったことで、著作権保護のための改正案が検討されましたが、2019年春の通常国会への提出は見送られました。

日本ペンクラブもこの問題について声明を発表しており、その要旨は、

「著作権を無視し、対価を支払わず運営する違法な海賊版サイトは断じて許されるものではなく、こうした行為が公権力によるより厳しい法規制を招き、社会全体の表現の自由が制限されることを憂慮する。しかし同時に、違法サイト対策として、政府が緊急事態と称して、法的根拠に疑念のある対策を強行することにも深く憂慮し、また、ウェブサイトの良し悪しを政府が判断する手法は、表現の自由に抵触する可能性が極めて高く、深刻な問題と考える」

というもので、多少のジレンマを抱えながらも、ペンクラブの視点、思想がよく現れています。

 

■最後に

表現の自由を謳うペンクラブ会員は、新聞、放送、出版を活躍の場としていますが、この業界も営利企業であるため、昨今は権力に近寄る姿勢も垣間見えて、筆先の力を抑えた記事・論調も散見されるようになっています。

表現の自由を守るため、こうした流れにどう対抗するのか、ペンは新たな課題に立ち向かわねばなりません。

11月26日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-11月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.