最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

5月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

世界赤十字デーとはいつ?意味や由来、イベント。創設者の誕生日

更新日:

SPONSORED LINK

■はじめに

肌寒さが残る4月から5月に入ると、年度が切り替わってから少し落ち着き、体調を崩しがちになる時期と言われています。

季節の変わり目でもあるこの時期は心身共に健康に気を付けようと周知している学校や企業も多いのではないでしょうか。

そんな5月の中旬は、私達の助け合いの気持ちに関する記念日、世界赤十字デーです。

 

スポンサードリンク

■世界赤十字デーとは

世界赤十字デーは毎年5月8日にあります。

世界赤十字デーが制定されたのは、1948年(昭和23年)のこと。

この年にストックホルムで開催された、第20回赤十字社連盟理事会にて制定されました。

 

■意味

世界赤十字デーは、赤十字の創始者であるアンリー・デュナンの功績を讃えると共に、世界の各地に広がる赤十字や赤新月社に関わる人たちが原点に立ち戻るという意味合いがあります。

赤十字では人道を大切にすることを目的に、紛争や災害での救護活動が行われています。

日本赤十字社でも世界赤十字デーがある5月を赤十字運動月間として、活動をPRするイベントやキャンペーン等が全国各地で行われています。

 

■由来

5月8日は、アンリー・デュナンの誕生日で、1825年のこの日、赤十字を創設した彼が誕生しました。

このことから、世界赤十字デーは5月8日に制定されました。

 

■イベント

世界赤十字デーには、世界各国で赤十字に関連するイベントが行われていて、日本でも各地でライトアップなどのイベントが毎年開催されていますので、一部紹介します。

 

日本赤十字社愛知県支部では、2018年も世界赤十字デーに名古屋テレビ塔のレッドライトアップが日没後から24時頃にかけて行われました。

また、4月29日には栄ガスビルにて赤十字親善大使のグランパスくん、日本赤十字社公式マスコットのハートラちゃんがPR活動を行いました。

 

更に、名古屋テレビ塔がレッドライトアップされた様子の写真や塗り絵を郵送すると、ハートラちゃんオリジナルグッズのプレゼントがもらえたり、5月19日~5月31日にかけて献血ルームゲートタワーにて展示されるといったキャンペーンが行われたとのことです。

 

その他にも、当日に富岡製糸場や金沢城公園の石川門など全国の世界遺産や有名スポットでレッドライトアップ運動が展開されたり、赤十字運動月間中に様々なイベントが行われていますので、お近くの情報をぜひチェックしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

■赤十字の雑学

世界赤十字デーにちなんだ雑学をご紹介します。

 

□アンリー・デュナンてどんな人!?

“赤十字の父”と呼ばれる「ジャン・アンリー・デュナン」はスイスのジュネーブに生まれ、福祉活動に熱心な両親のもとで育ちました。

銀行員として働く傍らキリスト教活動にも尽力し、ジュネーブYMCA(キリスト教青年会)を設立した後、1855年には「YMCA世界同盟」の結成に至ります。

 

銀行を退職してからは人々を助ける為の事業を起こし、その支援を請願する為に1859年にナポレオン3世に会いに行くのですが、北イタリアでソルフェリーノの戦いに遭遇し1週間救援活動に参加しました。

これは敵味方なく救護に当たることを目的とする赤十字創設のきっかけとなる出来事で、有名な「人類はみな兄弟」という言葉も残しています。

 

1863年にジュネーヴで「国際負傷軍人救護常置委員会」(5人委員会)が結成し、デュナンもその委員に選出されます。

そして16ヶ国が参加した最初の国際会議がジュネーブで開催され、ここで国際組織赤十字社が誕生しました。

 

赤十字運動は順調に発展していったものの、デュナンは1867年に破産してから約20年もの間消息を断ち、各地を転々としながら下宿生活を送ることになるのですが、その間にハイデンの赤十字社創設に関わったり、執筆活動を行います。

そして彼の記事が新聞に取り上げられたことで再び脚光を浴び、1901年に第1回ノーベル平和賞受賞につながるのでした。

 

□日本の赤十字

日本赤十字社の始まりは、前身となる博愛社が設立された1877年(明治10年)にさかのぼります。

その後、1886年(明治19年)に日本政府がジュネーブ条約に加入したことから、翌1887年に日本赤十字社へ改名しました。

国内外での災害救護を始め、苦しむ人を救うための活動を幅広く行っています。

 

■まとめ

世界赤十字デーについてご紹介させて頂きました。

赤十字の存在を知っていても目的やどのようなことを行っているのか分からなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今では人道に対する考え方、救護も体制が整い安心して生活出来ている私たちですが、その大切さを忘れないための記念日なのだなと思いました。

毎年5月8日世界赤十字デーには、お近くのイベント情報をチェックしてみたり、赤十字を通して「人道」について考えてみるのはいかがでしょうか。

5月8日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-5月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.