最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

3月の話題・行事・イベント 今日は何の日・記念日

シルクロードの日とはいつ?意味や由来。楼蘭の遺跡を発見

更新日:

「3月28日  シルクロードの日」

■はじめに

2014(平成26)年に「シルクロード:長安―天山回廊の交易路網」が世界遺産に登録されました。

これまでにも青の都サマルカンド、パルミラ遺跡、莫高窟、タブリーズのバザール施設など、シルクロードに関わる世界遺産は数多く登録されていますが、「シルクロード」とした冠のつく登録は初めてでした。

 

スポンサードリンク

シルクロードの日とは

1900(明治33)年3月28日、スウェーデンの地理学者で探検家のスヴェン・ヘディン(1865~1952)が中央アジアの探検旅行中に、シルクロードの古代都市国家・楼蘭(ろうらん)の遺跡を発見しました。

そのために、3月28日は「シルクロードの日」とされています。

 

スポンサードリンク

■シルクロードの日の意味と由来

1980(昭和30)年にNHKが中国と共同制作した「NHK特集―シルクロード」が放送されたことがきっかけで、それまで世界史の授業にしか登場しなかったシルクロードが日本中に広く知られるようになりました。

 

シルクロードという命名はドイツの学者によるもので、絹が東西の交易品の象徴的なものだったからですが、その他に香料、お茶、紙などが西へ運ばれ、西からは宝石、銀、砂糖、石綿などが中国に渡りました。

シルクロードの東の起点は中国・洛陽、西はローマという説と、長安・シリアのアンティオキア説が拮抗しています。

 

ロードと言っても一本道を行き交ったわけではなく、それどころか砂漠、草原や山岳地帯など、まさに道なき道の連続でした。

 

後世の研究では、陸路でのシルクロードは「オアシスの道」と「草原の道」と呼ばれる2つのルートが確認されていますが、相互に網の目のように連絡する道があり、その要衝には中国やインドをはじめ東南・中央アジアの都市が誕生しています。

 

この2ルートは名前とは裏腹に、砂漠や4000m級の山々が控えており、また人間や馬、ラクダの運べる量には限りがあって、航海技術の発達による3つ目のルート「海の道」の出現で大量輸送が可能になり、陸路2ルートはだんだん衰退していきます。

 

シルクロードは紀元前、日本の弥生時代あたりから始まり、平安時代くらいまで陸路の交易は続きました。

シルクロードは交易だけではなく、活版印刷、火薬、羅針盤という中国三大発明がヨーロッパに伝わり、イスラム教の東方進出など、人、文明、宗教の交流でもありました。

 

■シルクロードの日のイベント

「シルクロード」はエキゾチックでノスタルジーを感じさせ、おまけに商標登録もできませんから好き勝手に使い放題で、喫茶店から洋菓子店、レストラン、ホテル等々におあつらえ向きのネーミングアイテムです。

SPONSORED LINK

イベントなどもあるかもしれませんが、本来の趣旨とは無関係ですね。

 

■シルクロードの日の雑学

▽バーミヤン遺跡

19世紀に入り、アフガニスタンの山岳地帯を探検する外国人が、シルクロードの要衝バーミヤン遺跡を発見し、学術調査の結果、大仏や多彩な仏教美術は世界的な文化遺産として高く評価されました。

しかし、1979(昭和54)年、ソ連がアフガニスタンに侵攻したことでアフガン紛争が勃発、遺跡の調査や保存は中断されました。

 

やがて実権を手にしたタリバン政権は、バーミヤンの磨崖仏がイスラムの偶像崇拝に反しているとして、2001(平成13)年3月12日、国際社会の猛反対を押し切り2体の大仏を爆破し、その爆破映像が全世界に配信されました。

その後、タリバン政権が崩壊し、ユネスコが修復と保存に着手、2003年には「危機にさらされている世界遺産」として登録さています。

 

▽現代版シルクロード?「一帯一路」

陸路と海上ルートで繁栄したシルクロードを想起させる「シルクロード経済ベルトと21世紀海洋シルクロード」構想を、2014年、中国の習近平総書記が提唱しました。

「経済ベルト」をシルクロードの陸路、「海洋シルクロード」は海路になぞらえたもので、前者が「一帯」、後者が「一路」を意味するそうで、通称「一帯一路」だそうです。

 

かつての陸路で経由した中央アジアや、海路の東南アジア、アラビア半島、東アフリカなどの地域で、インフラ整備、貿易促進、資金の融通などの拡大を目指そうというものですが、発展途上国への経済援助で中国を中心とした世界経済圏確立を狙う意図も透けて見え、先進国は無視もできず及び腰の対応といったところでしょうか。

 

しかし、干天に慈雨とばかりに飛びついたマレーシア、スリランカ、ミャンマーなどの東南アジア諸国は返済リスクに直面し、港湾運営権を奪われて中国の軍港化、海洋覇権に手を貸すことになりそうです。

シルクロードの交易は文明と人の交流でもありましたが、その裏には多くの侵略もまた隠されています。

 

■まとめ

かつて日本国内にもシルクロードはありました。

と言っても、ラクダのキャラバンではなくて、時は文明開化華やかりしころ、日本の主要輸出品である絹を、集積地の八王子から横浜港へ運ぶ道を「シルクロード」「絹の道」と呼んだそうです。

3月28日は何の日?誕生日の有名人や星座、花言葉・運勢・性格は

 

他にもおもしろい記念日がたくさんあります!

今日は何の日?毎日が記念日カレンダー

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-3月の話題・行事・イベント, 今日は何の日・記念日

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.