最近気になる話題や、おすすめの情報が満載。

気になる話題・おすすめ情報館

02020年イベント 9月の話題・行事・イベント 季節の話題(秋) 雑節

二百二十日2020年はいつ。農家の三大厄日!

更新日:

9月に入ると、台風が訪れる機会が多々あります。

昔から気を付けないといけない時期とされ、今でも防災の日などで注意喚起をしています。

この時期は特に農家にとって大変な時期です。

二百二十日について見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

2020年の二百二十日はいつ

2020年の二百十日は、8月31日

2020年の二百二十日は、9月10日

2020年の八朔は、9月17日

スポンサードリンク

二百二十日の意味や由来は

二百二十日(にひゃくはつか)とは雑節(ざっせつ)のうちの一つです。

立春から数えて220日目の日のことですが、閏年の関係で二百二十日も毎年同じ日ではありません。

 

二百十日から二百二十日は、昔から台風が襲来する時期と言われています。

二百二十日は二百十日は、江戸時代、徳川幕府の暦編纂係であった渋川春海が暦に記載したことが始まりと言われています。

 

釣り好きだった渋川春海が、

「立春から二百十日目と二百二十日目は海が荒れることが多いから海に出ない方がいい」

漁師から言われ、実際に大荒れになったことから暦に載せたと伝えられています。

 

二百二十日も二百十日も日が違うだけで意味合いは同じだといえます。

 

農家の三大厄日!八朔・二百十日・二百二十日

雑節は農家の作業にとって重要な意味を持つ日ですが、二百二十日にはどのような意味があるのでしょう。

 

実は農家には三大厄日があるとされ、「八朔」、「二百十日」、「二百二十日」です。

厄日とは農家では「荒れ日」と言われ、悪天候の日のことをさします。

二百十日とはいつ?意味や由来は。

八朔とはいつ?農家の三大厄日の一つ

 

八朔とは旧暦の8月1日で、二百十日が立春から210日目、二百二十日が立春から220日目になります。

いかにこの時期が農家にとって大変な時期なのかわかります。

 

9月上旬ぐらいから農家が収穫の時期を迎えますが、この季節はとりわけ台風に見舞われる季節です。

 

台風が到来すると、丹精込めた農作物があっという間にダメになってしまいます。

SPONSORED LINK

何カ月もかけて育ててきた作物が一晩でダメになってしまうかもしれない天災が訪れる時期ですので、農家にとって三大厄日と言われてきたようです。

 

風を鎮める祭り 風祭り

農作物を守るために風を鎮めるため、全国各地に風祭りが残っています。

有名なのが富山市八尾町で行われる風祭りの越中八尾「おわら風の盆」です。

 

越中八尾「おわら風の盆」は、風を鎮める豊年祈願と盆踊りが融合して300年以上の歴史があります。

八尾の古い街並みに胡弓の音色が響き、編み笠をかぶった男女が越中おわら節にのせて踊り歩きます。

誰もが楽しめる「豊年踊り」や、勇壮な「男踊り」、優雅な「女踊り」があって、男女ペアで艶やかに踊ることもあります。

他にも、「鎌が風の力を衰えさせる」と信じられており、屋根の上や軒先に鎌を取り付けたり、竹竿の先に鎌を付けて立てたりする風習も残っているようです。

越中おわら風の盆についてはこちら

 

以上、二百二十日についてでした。

農家の方だけでなく、台風や災害に日頃から備えておきましょう。

防災の日とは?防災用品におすすめ防災グッズセットと非常食

 

雑節についてはこちらから

節分の詳細はこちら 

彼岸の詳細はこちら

社日の詳細はこちら

八十八夜の詳細はこちら

入梅の詳細はこちら

半夏生の詳細はこちら

土用の詳細はこちら

二百十日の詳細はこちら

二百二十日の詳細はこちら

 

この時期は、こちらの記事がよく読まれています。

重陽の節句とはいつ?菊の節句の食べ物は?

秋の七草とは秋の花の代表!覚え方は?

社日とはいつ?意味や由来は?

彼岸とはいつ?彼岸の意味や由来は。

中秋の名月はいつ?由来や食べ物は

敬老の日のプレゼントのランキング。敬老の日はいつ?由来は

★あなたにおすすめ記事はこちら★

-02020年イベント, 9月の話題・行事・イベント, 季節の話題(秋), 雑節

Copyright© 気になる話題・おすすめ情報館 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.